文化遺産シンポジウム

2019年 文化遺産シンポジウム 祭りと獅子舞 獅子舞王国さぬき実行委員会

本日、仕事帰りに文化遺産シンポジウムに参加してきました。

祭りと獅子舞
〜讃岐の獅子の見方〜

日時
2019年11月2日(土)18:00〜20:00
会場
香川県社会総合福祉センター 1Fコミュニティーホール
パネリスト
町見郷土館館長 高島賢二氏
四国民族学会理事 水野一典氏
主催
獅子舞王国さぬき実行委員会

今回が初めての参加でしたが、想像以上にマニアックな話が展開され、大変興味深いものでした。獅子舞はいつから始まったのか? なぜ香川県の獅子組の数はこれほど多いのか? 獅子舞の流儀とは? また今度記事にしてみようと思います。

数少ない文献や、各地に残る風習から讃岐の獅子舞の謎を解き明かしていくのは容易なことではありません。講演者様の獅子舞への熱い想いを感じられるシンポジウムでした。

明日は獅子舞王国さぬき2019があります! 今日のシンポジウムに参加したことでまた新しい視点で獅子舞を見ることができそうです。

文化遺産シンポジウム” に対して1件のコメントがあります。

  1. 木村直貴 より:

    とりあえず、試しに初コメ!俺も行きたかった(^^)!!また、いろいろ教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です